スポンサードリンク

日米安保の本質、意義の変化

「日米安全保障条約」50年の歴史は、条約改定や新たな協定を結ぶなどして、時代の変化とともに本質や意義を変化させ現在まで継続してきました。


大きな変化は、1991年にソ連が崩壊したことで、アメリカとソ連の対立関係を前提としていた日米安保体制の意義が大きく見直されたことです。


1996年には日米安全保障共同宣言が出され、「日米安保体制の21世紀の役割は、日本の防衛とアジア・大平洋地域の安定維持のための基礎であり、そのために日米の防衛協力は欠かせない、必要なものである。」というものでした。


その後現在に至るまで、日米防衛協力の強化が図られるようになり、日米安保体制は現段階で 必要不可欠と考えられています。


しかし、これからの日米安保体制については、世界や日本の情勢を踏まえ、再考する必要が生じています。


スポンサードリンク

関連記事

  1. 日米安保条約署名50周年
  2. 密約問題
  3. 「極東」の解釈
  4. 片務協定と言われる理由
  5. 思いやり予算

TOPPAGE  TOP