スポンサードリンク

安保闘争(60年安保)

「日米安全保障条約」を語る中で、安保闘争はその当時の国民の不安、思いが伝わる出来事です。


1959年~60年にかけて「日米安全保障条約」に反対する労働者や学生、市民が参加した大規模な反対運動。


日本史上空前の規模で、30万人以上が国会を囲み抗議デモを行いました。火炎瓶や鉄パイプで暴力を振るう暴動・紛争という側面もあり、死傷者も出ました。


「新日米安全保障条約」により、より平等な条約になったように思えますが、国民の反応は


「日米共同防衛は、日本をアメリカの戦争に巻き込むものだ」


そんな疑念が国民の間から巻き起こりました。


人々の「戦争」に対する拒否感が強かったことや、A級戦犯容疑者であった岸首相本人への反感があったことも影響し、全国的に多くの市民が「日米安全保障条約」に反対し、安保闘争が広まり ました。


スポンサードリンク

関連記事

  1. 旧安保条約時代(1951年~59年)
  2. 新安保条約時代(1960年~90年)
  3. 安保闘争(70年安保)
  4. ポスト冷戦後の安保体制(1991年~現在)

TOPPAGE  TOP