スポンサードリンク

第7条:国連憲章との関係

「日米安全保障条約」第7条では、

国連憲章との効力関係についてを定めています。


国際連合憲章に基づく加盟国の権利及び義務又は国際の平和及び安全を維持する国際連合 の責任に対して、どのような影響を及ぼすものではなく、また、及ぼすものとして解釈してはならないとされています。


アメリカ、日本とも国際連合に加盟しており、日米の国連憲章上の義務である国連の責任と日米の「日米安全保障条約」上の義務は両立することを意味しています。


「日米安全保障条約」を理由に国連憲章上の義務を怠ったり、あるいは同条約を理由に国連の介入を拒否することはできません。


スポンサードリンク

関連記事

  1. 第1条:平和の維持
  2. 第2条:経済的協力の促進
  3. 第3条:防衛能力の維持発展
  4. 第4条:臨時協議
  5. 第5条:共同防衛
  6. 第6条:基地貸与
  7. 第8条:批准(ひじゅん)
  8. 第9条:旧条約の失効
  9. 第10条:条約の終了

TOPPAGE  TOP