スポンサードリンク

思いやり予算

「思いやり予算」とは、防衛省予算に計上されている在日米軍駐留経費負担の通称です。


1978年、在日米軍基地で働く日本人従業員の給与の一部を日本側が負担すると決めたことから始まりました。


日米地位協定の枠を超える法的根拠のない負担に対して、円高ドル安などによってアメリカの負担増を考慮し「思いやりの立場で対処すべき」などと答弁したことから、「思いやり予算」と呼ばれるようになりました。


「思いやり予算」の内訳は、在日米軍基地職員の労務費、基地内の光熱費・水道費、訓練移転費、施設建設費などです。

日本の「思いやり予算」負担額は、30年間で5兆円超にものぼり、米軍駐留経費の負担額は日本が世界一となっています。


スポンサードリンク

関連記事

  1. 日米安保条約署名50周年
  2. 日米安保の本質、意義の変化
  3. 密約問題
  4. 「極東」の解釈
  5. 片務協定と言われる理由

TOPPAGE  TOP