スポンサードリンク

ポスト冷戦後の安保体制(1991年~現在)

1989年マルタ会議にてアメリカとソ連の冷戦が終結、1991年にはソ連が崩壊しました。アメリカとソ連の対立関係を前提とした日米安保体制は、最大の仮想敵国であるソ連が消滅したことによって、大きく見直される必要が出てきました。


冷戦構造はなくなったものの、日本周辺では北朝鮮や中国との問題、南シナ海の覇権をめぐる 問題紛争の種などがあちこちに残っています。


日米両政府は今後も安保体制、日米同盟を維持しなければならないと考えていました。

1996年東京で行われた首脳会談で出された共同宣言(日米安全保障共同宣言)で「日米安全保障条約」の再定義が示されました。

その主な内容は、
1)日米安全保障条約体制の適用範囲を「アジア・太平洋地域」に拡大する
2)1978年締結の日米安保協力指針(ガイドライン)を改正、見直しして日本の周辺地域における有事(周辺事態)に備える両国の協力関係を構築する
というものです。


そして、1997年に日米防衛協力のための指針(新ガイドライン)を公表、両国の共同防衛の密接化を規定しました。

1999年には、周辺事態安全確保法等の整備。2003年~2004年にかけて有事法制の整備、 2006年には、再編の実施のための日米ロードマップ発表と、安保体制強化のための整備が現在も進められています。


スポンサードリンク

関連記事

  1. 旧安保条約時代(1951年~59年)
  2. 新安保条約時代(1960年~90年)
  3. 安保闘争(60年安保)
  4. 安保闘争(70年安保)

TOPPAGE  TOP